Bunny Must Die! Chelsea and the 7 Devils【グラフィック設定】@win10

タグ: , , , ,
検証環境:{02号機}win10_i5-4570_gtx1050

レビュー

設定レビュー

Windows10はデスクトップコンポジションの概念がなく設定不要なので、検証が単純で少なくて済む。少ない設定変更でサクサク・ヌルヌルな快適設定が完了した。Windows7に比べて、Windows10は本当に優秀なゲーム環境であることを実感した。

オススメ設定(NVIDIAコントロールパネル)

グラフィックドライバver:388.13

設定項目 デフォルト設定 変更箇所
CUDA-GPU すべて
DSR-係数 Off
DSR-滑らかさ オフ
OpenGL レンダリング GPU 自動選択
アンチエイリアシング-FXAA オフ
アンチエイリアシング-ガンマ修正 オン
アンチエイリアシング-トランスペアレンシー オフ
アンチエイリアシング-モード アプリケーションによるコントロール
アンチエイリアシング-設定 アプリケーションによるコントロール
アンビエント オクルージョン オフ
シェーダー キャッシュ オン
スレッドした最適化 自動
テクスチャ フィルタリング-クオリティ クオリティ
テクスチャ フィルタリング-トリリニア最適化 オン
テクスチャ フィルタリング-ネガティブ LOD バイアス 許可
テクスチャ フィルタリング-異方性サンプル最適化 オフ
トリプルバッファリング
オフ
オン
バーチャル リアリティ レンダリング前フレーム数 3D アプリケーション設定を使用する
マルチフレーム サンプリング AA(MFAA) オフ
レンダリング前最大フレーム数 3D アプリケーション設定を使用する
垂直同期 3D アプリケーション設定を使用する オン
異方性フィルタリング アプリケーションによるコントロール
電源管理モード 最適電力

オススメ設定(ゲーム側の設定)